update

#03
試合のない日は
商業施設としての
役割を果たす

 球場の中に足を踏み入れれば、開放感のある天高のコンコースが広がり「ハードロックカフェ」など多彩なショップが軒を連ねる。試合が開催されない日でも営業しており、商業施設としての役割も果たしているところが、現代的と言えるだろう。
 各地から「ヤンキー・スタジアムをひと目見よう」と、大勢の観光客が集まり、球団や旅行会社も手慣れたようにツアーを組み、人々を誘う。新たなヤンキー・スタジアムは収益性もしっかりと計算し、運営されているわけだ。
 「ハマスタでもツアーを企画したいが、今すぐには無理だろうな。ヤンキースのような伝統を作り、魅力的なボールパークの完成を早く実現しないといけない(とは思いながらも、変わりゆく様も見てもらおうと思い、すぐにハマスタツアーはスタートさせました)」
 すべては、球団の歴史がそれを実現させている。私が自然と「最初はヤンキー・スタジアムだろう」と感じたように、ファンも球団の歴史に触れたいのである。確かに、スタジアムは新しくなった。だが、装いが変わろうとも、ヤンキースの軌跡が色褪せることはない。伝統と格式は不変なのである。
 その一端を物語っているのが、スタジアム内に設置された「ヤンキース・ミュージアム」だろう。歴代のチャンピオンリングやトロフィーをはじめ、往年の名選手たちのバットやユニフォームなどが展示されてある。
 ここでも、私はインスパイアされた。

>> to be continued

photo:Jun Ikeda

 

This week’s articles
#01 ダウンタウンから地下鉄に乗りスタジアムへ
#02 神殿のような厳かな外観に圧倒される
#03 試合のない日は商業施設としての役割を果たす
#04 伝統球団のベースボールが息づいている
⚾「スタジアムミシュラン」は、連日、最新記事を更新中です!

Data

使用チーム MLBニューヨーク・ヤンキース
所在地 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス
収容人数 54,251人
竣工 2009年
工費 23億ドル

Map