update

#03
街の景色と
融合する
スタジアムの魅力

 夜には鮮やかにライトアップされた「ロベルト・クレメンテ・ブリッジ」。その光に照らされたアルゲニー川。
 そして、ダウンタウンのビル群……。PNCパークとピッツバーグの街が一体となっている様をひと目見れば、誰だって「何度でも来たい」と思うはずだ。
 そして、街の景色と融合しているスタジアムの個性もまた、魅力のひとつである。
 パイレーツとは、海賊を意味する「バッカニア」から名づけられたと言われている。そのことから、地元ファンはチームを「バックス」と親しみを込めて呼び、試合になればその言葉が球場のいたるところからこだまする。
 応援スタイルも、日本のように統率されてはいない。
 ファンは思い思いに鳴り物を鳴らし、それに呼応するようにBGMで後押しする。その雰囲気、盛り上がりは、まさしく映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』。
 海賊を模したチームロゴを象徴するように、スコアボードなどの書体は〝海賊仕様〟となっており、一塁、二塁、三塁ベースにはチームステッカーがプリントされてある。「遊び心が満載だな」。率直にそう感じたものである。
 実は、このアイデアを横浜DeNAベイスターズにも取り入れようとしたのだが、日本の野球では規約により採用されなかったのが残念でならない。
>> to be continued

 photo:Jun Ikeda

This week’s articles
#01 鉄鋼の街の名残を漂わせる黄色い橋
#02 メジャーリーガーも憧れる随一の美しさ
#03 街の景色と融合するスタジアムの魅力
#04 完成度の高いエンタメを提供するスタジアム
⚾「スタジアムミシュラン」は、連日、最新記事を更新中です!

Data

使用チーム  MLBピッツバーグ・パイレーツ
所在地  アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ
収容人数  38.362人
竣工  2001年
工費  2億1600万ドル

Map